二次会の景品に選んだもの

MENU

性格が出るから気をつけて

二次会といえばビンゴゲーム。

 

楽だしみんなルールは分かっているし定番ですよね。

 

ビンゴして盛り上がるし、景品を貰いにいくときのパフォーマンスも盛り上がるし、定番になるのも分かる気がします。

 

 

 

大抵、二次会の幹事さんがゲームの景品を用意すると思うんですが、私が先日参加した結婚式の二次会では新郎が選んでいました。

 

幹事は司会担当です。

 

 

 

景品って、選ぶ人のセンスが出るなと思いました。

 

女子限定男子限定じゃなく誰に当たってもいいような物を選ぶ気遣いや、持ち帰ることを考えた重さや大きさの配慮(それでなくても式の引き出物もあるし)など。

 

考えてくれたんだなと思うと、こちらも嬉しいですよね。

 

 

 

だけど、幸せ絶頂のはずの花嫁が「あの人ケチやから」と参加者に謝って回る景品ってどうなんでしょうね。

 

ゲームソフトが当たっても、ゲーム機の本体を持ってない人はどうしたらいいのか。

 

本体よりもソフトの方が安いから選んだんだろうなという空気が溢れた二次会でした。自分で選んだのも、お金を浮かせるためだろうなと。

 

可哀想だけど、今も語り継がれる伝説となっています。

 

 

 

そして、余談ですが夫婦仲はよろしくないです。

 

みんなが「ん?」と思うような人とは長く続けられないということでしょうかね。

 

景品選びは人間性をみることと同じかもしれません。